リラクゼーションで心と身体のケア

タイ古式マッサージ、アロマテラピー、オーラソーマなど、心と身体が癒されることで、人は変わることができます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お久しぶり。。。

大変ご無沙汰・・・
 
いよいよ キレイになるカレンダー が発売になります!

ただ今、ご予約受付中。 詳細は、スタッフまでお問い合せくださいね!

ミラクルな時間をご一緒しましょう!

ロイヤルプリンセス TEL076-407-0888

hyousi-300.jpg
スポンサーサイト

| 日々、つらつら | 16:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーラソーマに来てね~

盲目の女性 ヴィッキーが生み出した 
ハーブオイルとハーバルウォーターでできたボトル。オーラソーマ。
 
たかが色。されど色。

創ってみてわかったのは、
人生のテーマを色に置き換えることができること。
 
目的、レッスン、願いが色で現すことができることを知ったヴィッキー。
 
それを証明したのは、
オーラソーマボトルを使ったクライアントさん達。
 
オーラソーマに出会って10年余り。
 
昨日、お店にいらした方が、
「オーラソーマが本当はこんなことなんだとは、知らなかった・・・」と。

そう。オーラソーマの本質は、やってみることにあります。
 
私たちは、みんな、すべての色の質を持ち合わせています。
でも、
人生の流れの中で、特に、その色を経験する必要があるタイミングがあります。
 
だから、オーラソーマは、なぜ起きるのか、どうしたらいいのかを
写し鏡にして見せてくれるのです。
 
誰もが、かけがえのない存在だと言うことを、教えてくれるのです。
 
そして、
10年経っても、オーラソーマの本質は、伝えきれないほど、
魅力がいっぱいだということです。
 
http://www.healing-rp.com/healing/cat95/
 
オーラソーマ

 

 

| オーラソーマ | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おかしすぎる・・・

毎週、龍馬伝のたびに
ソフトバンク孫さんのつぶやきを見て、大笑い。。。
 
今週は、
 
大変じゃーーーっ‼ ワシャ死にたいーっ‼ 間に合わんーーっ‼

うっかり話し込んでしもたーーー

出先からたどりつけんーーっ‼

今、車の中。そら飛びたいーー‼

まっこと、なんちゅう不覚 ー‼

絶対ドコモ派の私も、こころ揺らぎそう

| 日々、つらつら | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんなにいっぱい、鈴木亭さん。

今日の中央通りは「越中騒動」の日。。。。
 
通りは、何年ぶりかで、たくさんの人の声がいっぱいです。 

そんなエネルギーに誘われてか、たくさんのお客様においでいただきまして
あっという間に、気が付いたら夕方。。。。
 
そんなところに、お客様が
「さっき、お世話になりましたので・・・」と
こんなにたくさんお菓子を持ってきて下さいました。
 
いえ、いえ、こちらこそ、ご利用いただきまして。。。。なのに
ありがとうございます。ですね。
 
にわかに、鈴木亭さんの出店みたいになりまして・・・・

あと1時間したら、手が空くスタッフが見たら、どんなにか、大喜びでしょう!
 

DSCF0106.jpg



 

| 日々、つらつら | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さえずり・・・・。

今日は、病院の日。お隣、石川県へ。。。。
 
先生とは、もう20年のお付き合い。
病院に行くたびに、ひとり一人のドラマに出会います。
 
本当に、たくさんのドラマがあることを、改めて思います。
 
「病気」=悪いこと という概念が当然ありますが、
だれも、「病気」になりたいとは、思いません。
 
「病気」=不自然な生き方 とか
罰が当たり、病気になる とか。。。
 
これらは、みな、長い長い歴史の中でつけられてきた概念の一つです。
 
まだ、なっていない人が、健康を維持するためには、有効かも知れませんが
すでになった人には、酷な概念ですね。
 
今日も、待合いで壁にもたれ、一人泣き続けている女性がいました。
 
そんな彼女に、どの理由も、きっと、重く重く押し寄せていくことでしょう。
 
遠くから、少しでも良くなるように・・・ また、笑顔で生きられる日がくるように・・・と
ただ、祈ることしかできませんでした。
 
そして、病院の玄関を出て、駐車場に向かうとき、
さえずり続ける小鳥を発見。
 
そんなにさえずり続けて大丈夫? と思うくらいに、さえずり続けていました。
 
まるで、待合室まで、届けと言わんばかりのさえずり。
 
とってもキレイな声でした。
 
待合室の彼女の心に、届いていますように。。。。
 
tori-01.jpg

tori-02.jpg

なんていう名前の鳥でしょう。。。

| 日々、つらつら | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。